#科研費のコツ46 ゴールを間近に感じさせる


Warning: Undefined variable $query in /home/scientist/kakenhi.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-child-master/functions.php on line 60

研究の実現可能性をアピールする上で、予備データは非常に重要です。

未発表の研究データの場合は、これまでの研究成果として書くのではなく、予備データに回す方が魅力的な場合すらあります(パターンB)。 やったことを時系列で書くのではなく、どこに何を書くかをデザインしましょう。


※続きは有料会員限定となります

*ここ以降を読むためにはログインが必要です。書籍をご購入頂いた方は有料会員登録が無料です。購入情報を保存するために無料会員登録に続けて有料会員登録が必要となっています。お手数おかけします。

*購入後、記事が見れなくなった場合、購入時に入力した名前・メールアドレス・購入日を明記したうえでお問合せ下さい。

タイトルとURLをコピーしました