#科研費のコツ39 独自性ふたたび


Warning: Undefined variable $query in /home/scientist/kakenhi.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-child-master/functions.php on line 60

独自性はもっとも多くの人が苦手とする部分です。人の思考は驚くほど似ていますし、現在ある材料や技術から思いつくアイデアは多くの場合そこまで新しく見えないものです。

これを嫌ってアイデアを練りすぎると、実現が難しいほど複雑になったり、アイデア倒れになったりします。思い出してください。Googleは12番目に登場した検索エンジンですし、タミフルで一番儲けたのは開発した人ではなく、タミフルを錠剤にした人です。


※続きは有料会員限定となります

*ここ以降を読むためにはログインが必要です。書籍をご購入頂いた方は有料会員登録が無料です。購入情報を保存するために無料会員登録に続けて有料会員登録が必要となっています。お手数おかけします。

*購入後、記事が見れなくなった場合、購入時に入力した名前・メールアドレス・購入日を明記したうえでお問合せ下さい。

タイトルとURLをコピーしました